また在日中国人 ハサミ突きつけ暴行、準暴力団構成員逮捕

中国人

警視庁は、在日中国人で構成される準暴力団「チャイニーズドラゴン」の劉常然容疑者(34)ら2人を逮捕した。会社経営の仕事を断られたことに腹を立て、知人の男性にハサミを突きつけ、首を絞めるなどの暴行を加えた疑い。

劉容疑者らは2016年、東京・台東区のビルの一室で旅行会社経営の男性(当時33)に対し、「俺と一緒に会社をやらないとはどういうつもりだ」と脅してハサミを突きつけたうえ、首を絞めるなどの暴行を加えた。チャイニーズドラゴンは日本に不法入国などした中国人を匿う組織で、準暴力団として位置づけられている。取り調べに対し、いずれも容疑を否認しているという。

在日中国人の犯罪が後を絶たない。在日中国人は本土の中国人を呼び寄せながら犯罪組織を大きくし、日本人をターゲットに犯罪を重ねている。日本の治安を著しく悪化させている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。