ホテルの客室に侵入、窃盗繰り返す 中国人窃盗団2人逮捕

中国人

福岡県警は、中国人の40代の男2人を近く再逮捕する方針を固めた。中国人の男らは窃盗団とみられており、就寝中の宿泊客がいるホテルの客室に侵入し、窃盗を繰り返していた。

中国人の男らは観光を装って来日しており、目的は日本人をターゲットにした犯罪だった。男らは防犯カメラのないホテルの客室フロアで、宿泊客が就寝中に針金のような用具でドアを解錠、窃盗を繰り返していた。また、同様の手口による被害は関西地方などでも確認されており、別のグループによる犯行とみられるという。

中国人の犯罪が後を絶たない。日本国内で在日中国人らが犯罪組織を作り、本土の中国人も呼び寄せながら日本人をターゲットに犯罪を繰り返している。偽造したパスポートや在留資格なども蔓延、それらは中国の闇サイトなどで取り引きされているという。組織的に日本で犯罪を行う体制が整っている。在日中国人は日本の治安を著しく悪化させる原因となっている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。