【2chの反応】立民・枝野さん「民主党政権で疑うような状況なかった」

枝野幸男
1: ■忍法帖【Lv=13,ぶとうか,tdu】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2019/01/14(月)14:30:13 ID:???
2019年1月14日 14時17分
 厚生労働省が賃金などに関する調査を不適切な手法で行っていた問題について、立憲民主党の枝野代表は、「責任は大変重い」として、国会審議を通じて事実関係を解明していくと強調し、民主党政権で疑うような状況はなかったという認識を示しました
 厚生労働省が、賃金や労働時間に関する「毎月勤労統計調査」を不適切な手法で行っていた問題では、一部の職員は不適切だと分かっていたにもかかわらず、組織全体で共有せず、放置していたことが明らかになっています。
 これついて立憲民主党の枝野代表は、和歌山市で記者団に対し、「少なくとも補正をかけた時点で公にしなかったことの責任は大変重い。国民を1年にわたってだまし、場合によっては国会をだましていたことだ」と述べました。
 そして、「組織的な問題だったのではないか」と述べたうえで、国会審議を通じて事実関係を解明し、責任の所在を明らかにしたいという考えを強調しました。
(以下略)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190114/k10011777421000.html

3: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)14:43:08 ID:dQS.zt.iz
>>1
民主党政権で見逃して来た事を安倍政権が指摘し是正する事になった。
無能な野党には優秀な安倍政権を批判する資格がない。

2: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)14:37:11 ID:Yuq.rn.d8
容疑者はみんなそう言うわ

5: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)14:47:21 ID:6hK.y9.c6
嘘で国家転覆を謀る革マル奴

6: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)16:06:14 ID:Dys.j0.me
疑うような状況じゃなかったから見逃しても悪くないと言ってるだけだろ

7: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)16:09:50 ID:1F9.cm.ji
政治は結果だろ。キッチリ責任取って悪名を日本史に刻めば宜しい

8: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)16:12:51 ID:n6p.8a.iz
んん?
これって十数年前から放置されてたことだから民主政権で問題にならなかったのは見逃しただけじゃないの?

9: ■忍法帖【Lv=16,ほうおう,ojd】ななしの国からこんにちわ◆ePSYFR8jBw 2019/01/14(月)16:14:38 ID:mHQ.tv.me
やっぱり立憲は嘘つき集団だなw

10: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)16:59:47 ID:VcU.ji.tb
細かく言えば、初代安倍政権は見逃したけど、帰ってきた安倍政権は
自民党の総裁任期延長がなかったら見逃すところだった、ぎりぎりセーフ

11: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)17:10:15 ID:n1C.tr.hn
自分で真犯人を名乗る奴はいない

12: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)19:51:46 ID:V7l.uh.m8
共犯だったニダ

13: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)20:00:06 ID:6hK.y9.c6
日本転覆を企てる悪の結社の地獄大使。

14: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)20:02:14 ID:2cf.tv.m8
いや、要するに調べもしなかったから明るみにでなかった、あるいは無能だったからわからなかったって話でしょう?w
自称保守本流の革マルおじさんは何言ってんのw

15: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)20:05:12 ID:hMQ.6y.iz
民主党でやったことと言えば
「とらすとみー」とか
「そうでしたっけうふふ」とか
震災復興費を特アに使うとか
県知事恫喝してマスゴミに忖度させるとか
直ちに影響ないとか
消費税増税を言い出しちゃうとか
「2位じゃダメなんですか」とかで
疑う以前の問題だったわな

16: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)21:39:04 ID:641.g6.me
だったらなんで政権奪われたんですかねえ
それはね、誰も信用しなくなったからだよ




抽出スレ:https://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1547443813/


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。