在日中国人、偽の東京五輪メダルをネット出品、逮捕

中国人

愛知県警は、8日、名古屋市天白区植田南の在日中国人の自称会社員、劉凱●(りゅう・がいれい)(35)(●は霊の異体字)を現行犯逮捕した。2020年東京五輪・パラリンピックのエンブレムを無断で使ったメダルを販売目的で所持した、商標法違反の疑い。

劉容疑者は、大会組織委員会が登録するエンブレムを模したメダル2枚を自宅で所持し、商標権を侵害した。メダルは、リオデジャネイロから東京への開催都市の引き継ぎをテーマに、財務省が発行した銀製の記念貨幣(額面1000円、9500円で販売)に酷似したデザイン。劉容疑者はインターネット上のオークションサイトで販売し、一部は落札されていたという。署によると「売るために持っていた。偽物という認識はない」と容疑を否認している。昨年12月、名古屋税関が関税法違反の疑いで愛知県警に通報していたことで容疑が発覚したという。

日本人をターゲットに犯罪を繰り返す在日中国人。在日中国人は本土の中国人も呼び寄せながら犯罪組織を大きくし、組織的に犯罪を行っている。日本の治安を著しく悪化させる原因となっている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。