日本共産党、反政府運動に必死

共産党

日本共産党機関紙のしんぶん赤旗は、20日、国会議員会館前で反政府運動を展開したことを報告した。同紙は「民意を無視して暴走する安倍政権」「来年の参院選挙で必ず退陣に追い込もう」などと記載している。

これまで国政選挙で負け続きの日本共産党。しかしなぜか今度こそ安倍晋三政権を退陣に追い込めると思っているようだ。日本共産党の支持率は3%前後。一方の自民党は、今年1年ずっと37%前後をキープ。日本共産党は単純計算で12分の1の支持率しかない。

国会議員会館前で反政府運動を展開した極左暴力集団は、「立憲主義、民主主義を壊し続ける政治を変えるため、来年は市民と野党の共闘で政治を変える年にしよう」などと意味不明な主張を展開。反政府のみを訴えるばかりで、日本共産党に何を期待しているのかよくわからない状況だ。日本共産党に限らず野党はそもそも何を主張しているのかよくわからない政党ばかりで、フタを開ければやはり反政府のみ。安倍政権はますます安泰のようだ。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。