またNHK社員 副部長の男、単身赴任手当524万円を不正受給

NHK ロゴ

NHKは、11日、帯広放送局技術部の男性副部長(51)を同日付で懲戒免職にしたと発表した。単身赴任手当など計約524万円を不正に受け取っていた疑い。氏名は公表されていない。

副部長は2016年7月から今年11月にかけ、扶養する子ども1人を前任地の茨城県内に残して北海道帯広市に単身赴任していると虚偽の届出を行い、単身赴任手当約4万円、自宅への交通費約9万円、住宅費補助約4万5000円を毎月不正に受け取っていた。子どもは別の場所で離婚した元妻と暮らしていたが、副部長は偽造したガスの検針票をNHKに提出して子どもが一人暮らしだと偽っており「養育費に充てたかった」と話しているという。

犯罪の絶えないNHK。今年10月にはスマートフォンで女性を盗撮していたチーフ・プロデューサー(42)もいた。さらには集金人の詐欺、社員の暴行などの犯罪も後を絶たず、NHKは犯罪の温床。極左暴力集団や在日韓国・朝鮮人団体などとの癒着も見え隠れしており、日本の治安を著しく悪化させている原因となっている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。