極左暴力集団とみられる男性、Twitterで安倍首相やその周辺人物の殺害をほのめかす書き込み

極左暴力集団

極左暴力集団の構成員とみられる男性が、7日、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)として知られる「Twitter」上で、安倍晋三首相の殺害をほのめかす書き込みをしているのが見つかった。書き込みは現在も削除されていない。
犯罪 Twitter
男性は「匿名希望14世」を名乗り、「反原発・内部被曝・反体制関連のツイート・リツイートです」とプロフィールを掲載、国内で極左暴力集団として活動しているとみられる。男性は自身のTwitterに「安倍晋三を殺害しないと終わらない」「その取り巻き含めて皆皆殺さないと」(※原文ママ)などと書き込み、安倍首相とその周辺の人物の殺害をほのめかしている。また男性はそれ以外にも、「与党議員が議場にはいったら(中略)武装集団が入って皆殺し」「日本に本当に必要なのは、全く躊躇せずに、与党・権力者を皆殺し、権力組織を跡形もなく破壊できる武装集団だけ」などとテロをほのめかすような書き込みを連投している。

以前にも、Twitter上でテロを画策する極左暴力集団のやり取りがあったことが発覚、炎上する事件が起きていた。歯止めのきかなくなった極左暴力集団のテロ活動。警察庁も監視を強めているというが、ますます日本の治安を著しく悪化させる存在となっている。

(ウェブ魚拓)
http://archive.is/AJFW9


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。