内ゲバ?暴力団のガラス割り在日韓国人逮捕

在日韓国青年同盟とは

警察は、4日までに、尼崎市に住む無職の在日韓国人の宮薗重行、本名、金重行容疑者(58)と男2人のあわせて4人を逮捕した。同市にある指定暴力団・任侠山口組系の暴力団事務所の玄関のガラスを割った、器物損壊の疑い。

同暴力団事務所のガラスが割られているのが先月、見つかった。警察が防犯カメラなどを調べたところ、金容疑者らが浮上、捜査を進め逮捕に至ったという。事務所が無人だったタイミングを狙っており、防犯カメラも破損させられていたことから、計画的な犯行とみられている。調べに対し金容疑者は、「個人的なトラブルがきっかけでやった」と供述し、ほかの2人は、「何もしておらず無関係だ」と容疑を否認しているという。警察は動機などについて調べを進めるという。

在日韓国・朝鮮人団体は、暴力団との関わりを否定している。しかし実態は、暴力団の構成員の多くが在日韓国・朝鮮人。日本の治安を著しく悪化させている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。