また在日韓国人 催涙スプレーかけ強盗 組織犯罪

在日韓国青年同盟とは

警視庁組織犯罪対策2課は、住所不詳、自称衣料品販売員の在日韓国人、高永煥(コ・ヨンファン)容疑者(27)男2人再逮捕した。男性に催涙スプレーをかけ現金約5000万円を奪おうとした、強盗未遂の疑い。在日韓国人の容疑者らは邸宅侵入容疑で既に逮捕されていた。

コ・ヨンファン容疑者とチェ・ユンウ容疑者は、11月12日午後1時20分ごろ、東京都台東区松が谷の貴金属買い取り店前の路上で、店の関係者の男性(28)ら2人に催涙スプレーをかけて現金を奪おうとした。男性が大声を上げたため、何も取らずに近くに止めてあった車で逃走したという。2人は容疑を否認しているといい、警察は他にも共謀者がいるとみて調べを進めている。

日本人をターゲットに犯罪ばかりしている在日韓国・朝鮮人。そもそも犯罪が目的で滞在しているケースがあり、当時の民主党政権がなくした韓国人のビザの復活を求める声が相次いでいる。また、戦後からいるとされる在日韓国・朝鮮人も犯罪が目的で帰還しないケースもあり、在日韓国・朝鮮人の強制帰還も求める声が相次いでいる。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。