外務省課長補佐、覚醒剤所持容疑で逮捕・・・川崎

注射器

警視庁は、24日、川崎市多摩区に住む外務省旅券課の課長補佐・谷本泰稔容疑者(46)を現行犯逮捕した。覚醒剤を所持していたとする、覚醒剤取締法違反(所持)の疑い。

谷本容疑者が別の男と路上を歩いている際に、不審な動きをしたため、警察官が職務質問をしたところ、ビニール袋入りの覚せい剤0.6グラムが見つかったという。谷本容疑者は、「日頃のストレスがあり、使うために持っていた」「インターネットで購入し、2週間くらい前に使用した」などと容疑を認めているという。

川崎といえば暴力団と在日韓国・朝鮮人のメッカ。暴力団や在日韓国・朝鮮人らは共謀し、韓国や北朝鮮から覚醒剤を密輸し荒稼ぎしている実態がある。谷本容疑者が在日韓国・朝鮮人団体と共謀しているかは不明であるが、何らかの繋がりがあると思われる。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。