在日韓国人が中学校近くに暴力団事務所を開設、逮捕

在日韓国青年同盟とは

警視庁組織犯罪対策3課などは、指定暴力団住吉会系組長で在日韓国人の堺こと陳俊二容疑者(57)、スポーツジム運営会社「サムタイム」代表の大竹茂容疑者(38)ら4人を逮捕した。中学校の近くに暴力団事務所を開設した、都暴力団排除条例違反の疑い。

容疑者らは、「スポーツジムである」として暴力団事務所を開設、しかし同課によると、室内からバーベルセットなどが確認されたが、運営実態はなかったという。4容疑者は共謀し、昨年11月ごろ、中学校から200メートル以内にあった中野区弥生町の戸建て住宅1階に暴力団事務所を開設し、運営していた。調べに対し、3人が容疑を否認し、陳容疑者は「スポーツジムだ。事務所ではない」と供述。大竹容疑者は「弁護士と会ってから話す」などと認否を留保しているという。

在日韓国・朝鮮人団体などは、在日韓国・朝鮮人が暴力団と関わっている実態はないなどと宣言しているが、実態は構成員である割合が非常に高く、日本の治安を著しく悪化させている原因となっている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。