また在日中国人 名義偽装しネット通販で商品受け取り、偽サイトで騙した顧客のデータ使用

中国人

京都府警は、20日、東京都板橋区の在日中国人で無職の董●(=女へんに尼)娜(トウ・ニナ)容疑者(34)を逮捕した。通販で購入した商品を他人になりすまして受け取ったとする、私印偽造、同使用の疑い。

董容疑者は今年、5月、通販サイトで架空の名前を使って約40万円の腕時計を注文し、商品を受け取る際、配達票にその偽名を書いたという。また、支払いは偽の通販サイトの利用者が振り込んだ代金を使っていた。昨年7月以降、京都府警に複数の相談が寄せられていた詐欺サイトの売上金の一部が董容疑者の口座に振り込まれていたため、警察が捜査したところ、今回の私印偽造などが発覚したという。董容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているという。

偽サイトと董容疑者の繋がりは現在のところ明らかにされていない。在日中国人は本土の中国人と結託し、犯罪組織を日本国内で大きくしながら、日本人をターゲットに犯罪を行っている。今回の事件でも、大規模な中国の犯罪組織が関わっている可能性は高い。日本の治安を著しく悪化させる原因となっている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。