無所属・小西ひろゆきさん、麻生副総理に暴言

小西ひろゆき

極左暴力集団を牽引し反政府運動を盛り立てようと必死な無所属・小西ひろゆきさん。これまでも自身のTwitterでたびたび暴言を吐き炎上してきている。その小西さんが、17日、またもや自身のTwitterで暴言を吐いた。



今回の犠牲者は麻生太郎副総理。小西さんは、同日、東大卒の北橋健治北九州市長を「人の税金を使って学校に行った」と批判した麻生副総理について、「大学どころか小学生以下の副総理」と暴言。批判でもなんでもなく、ただの悪口だ。これについてインターネット上では、「小西こそ小学生以下」「全国の小学生たちに失礼だ」とさっそく炎上状態に。またもや小西さんにブーメランが突き刺さる形となった。

これまでも小西さんは、「官僚を処分する」「安保法制は戦争法」「テロ等準備罪は政府の弾圧行為」「安倍総理の存在そのものが国難」などと、根も葉もない暴言をたびたび吐いてきていた。平和安全法制の採決の際には暴力行為まではたらき、自著を政治資金で大量購入していたことまで発覚。現在のところ、お仲間であるはずの極左暴力集団からも見限られる始末。味方は誰もおらず、無所属として日本国内で活動を続けている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。