在日中国人、風俗店をメンズエステと偽装し家族ぐるみで共謀し営業、逮捕

蓮舫

埼玉県警繁華街・歓楽街総合対策推進本部(保安課)と越谷署の合同捜査班は、8日までに、越谷市南越谷4丁目の性風俗店「Fairy フェアリー」を摘発、いずれも在日中国人で経営者の妹(33)、姉(34)の姉妹と、従業員の女2人の計4人を逮捕、送検した。メンズエステなどと偽装し営業禁止地域で性風俗店を営んでいたとする、風営法違反(禁止区域営業)の疑い。

同店はホームページや看板で「リラクゼーション」「メンズエステ」などとうたって客を勧誘しており、1日10人前後の客を取り、90分1万2000円~180分2万3000円で性的サービスを行っていた。在日中国人の容疑者らは、南越谷4丁目のマンション一室内の営業禁止地域で店舗型性風俗店を営業していた。県警がサイバーパトロールをしていて不法営業に気づいたという。容疑者らは、大筋で容疑を認めているという。

在日中国人の犯罪が後を絶たない。短期滞在ビザで日本に潜伏、無届けで風俗店を営業し資金を荒稼ぎしている実態がある。無届けの風俗店は在日韓国・朝鮮人や在日タイ人などと共謀しており、背後には暴力団があるとされる。日本の治安を著しく悪化させる原因となっている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。