またNHK 女性スタッフ入浴中に侵入、懲戒処分&左遷 佐賀放送局長

NHK ロゴ

犯罪者を量産しているNHKがまたもや事件を起こした。NHKは、5日、佐賀放送局の湧川高史(わきかわたかふみ)局長(59)を同日付で局長職を解任し、人事局付に異動させる人事を発表した。「職員の服務規定に反する不適切な行為があった」と説明している。NHKは湧川氏を出勤停止14日間の懲戒処分にした。

NHK広報局は「地域放送局の局長としてふさわしくない行為があったことは、誠に遺憾です」とコメントしている。しかし、プライバシーに関わるため、詳細は答えられないとしている。NHK関係者によると、湧川氏は訪れていた施設で、NHKの女性スタッフが入浴していた風呂に侵入したという。当時酒に酔っていたという。

NHKは、不適切な行為があり処分を行った際にも、氏名や事件の全容を公開しないことを公言している。それはNHKの公式ウェブサイトでも確認でき、“身内に甘い”ことが伺え、それがNHK職員の度重なる犯罪を誘発していると分析されている。今回の事件においても、犯罪級の反社会的行為があったにもかかわらず、NHKはたった14日間の懲戒処分をしたのみで、さらには事件の全容を公表していない。受信料を国民に不当請求しながら犯罪をはたらく極悪企業、NHK。最近ではNHK解体論が広まっている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。