論説:日韓国交断絶へ歴史的な第一歩 真の国交正常化へ

韓国人

これまでも数々のタカリ行為を日本に対し続けてきた韓国。慰安婦問題や徴用工問題その他、日本へ言い掛かりで金銭を要求する韓国の姿はさながらヤクザだ。また国旗を破る、政権を批判する、農作物の品種を盗む、竹島を強奪するといった一連の反日活動も狂人の如し。日韓関係の真の正常化とは、国交断絶こそ揺るぎない。

10月30日、韓国側の最高裁判所は衝撃的な判決を出した。証拠も提示せず、「徴用工に日本企業は賠償金を支払え」というもの。日韓基本条約で日本から韓国に対する賠償は完全に支払いを終えていたものの、「個人の請求権は失われていない」などと難癖をつけ、日本にさらなるタカリ行為をしてきたのだ。これに対し日本政府は激怒、政府は「有り得ない」「極めて遺憾」、外務省は「心外」「日韓関係の法的基盤が根本から損なわれた」と強烈かつ異例の抗議を行った。これに対し韓国政府は沈黙、「破局回避の方策検討を」などと韓国メディアは焦りの色を隠せない。普段ならば反政府一色の在日韓国・朝鮮人団体もだんまり。へたをすればこのまま断交に突き進み、日本からの強制退去も免れない局面だからだ。

ここで気になるのは、韓国側は今後どう動くのか。判決を取り下げるとするならば、司法の崩壊を海外に露呈したことになる。あるいはこのまま判決を取り下げないならば、日韓関係の破滅は免れない。行くも地獄、帰るも地獄の末期的状況に自らを追い込んだ。そもそも韓国は反日思想によって社会が成立しているような盲目民族だから、日本に譲歩するようなことは韓国社会が許さない。目先の利益に目が眩んだ最高裁の判決は韓国にとって壮大な自滅行為だった。そしてもう1つ気になるのが、媚韓企業の動きだ。韓国に会社や工場を抱える媚韓企業は多いが、このまま韓国に居座れば不当な賠償金の支払いを行わなければならない。韓国を切り捨て日本に回帰するしか道はなし。結果として韓国は、日本の韓国勢力までも今回の判決で切り落とすことになってしまった。

今回の韓国の一連の動きは、日本にとって輝かしい未来への第一歩になった。即刻、断交に踏み切り、在日韓国・朝鮮人を強制送還、永劫「関わらない・相手にしない」関係を徹底し、真の国交正常化へ舵を切るべきだ。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。