羽田空港で中国機が滑走路に無断で進入、着陸妨害していた

中国人

羽田空港で、27日、停止を指示されていた中国のビジネスジェット機が滑走路に進入し、民間小型機が急きょ着陸を中止していたことがわかった。けが人などはなかったが、国土交通省は28日、事故につながりかねない重大インシデントに認定した。

同省は事故調査官2人を指名、調査する方針。同省によると、27日午後0時40分頃、羽田空港の滑走路からの離陸を待っていた中国・無錫行きの中国のビジネスジェット機が、管制官から滑走路の手前で停止するよう指示されたのに滑走路内に無断で進入。着陸態勢に入っていた岡南飛行場(岡山市)発の岡山航空のセスナ510型機(搭乗者2人)が急きょ着陸を中止していた。着陸は約30分後にやり直され、怪我人はいなかった。

同省は中国に対しどのような働きかけを行うのか明らかにしていない。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。