進む司法汚染 無免許死亡事故を起こした被告に虚偽供述させ弁護士逮捕

手錠

弁護士の犯罪が後を絶たない。横浜地検は、15日、第2東京弁護士会所属の横浜市神奈川区の弁護士、江口大和(やまと)容疑者(32)を逮捕した。無免許で死亡事故を起こした男に車の所有者に捜査が及ばないよう虚偽の供述をさせた、犯人隠避教唆の疑い。

さらに、同容疑で車を所有していた小林太紀容疑者(26)を、犯人隠避容疑で佐藤孝哉容疑者(22)をそれぞれ逮捕。事故は2016年5月12日夜、横浜市泉区の路上で発生していた。小林容疑者の車を借りて無免許運転をしていた佐藤容疑者が電柱に衝突し同乗していた男性を死亡させた。江口容疑者は佐藤容疑者に虚偽の供述をさせ、小林容疑者に捜査が及ばないよう働きかけていたという。また、無免許であることを知りながら車を貸していたという。地検は認否を明らかにしていない。

弁護士が犯罪者を過剰に擁護、共謀者となる事件が多発している。日本弁護士連合会(日弁連)は、改正組織的犯罪処罰法改正法について、「共謀罪」などと呼称、共謀罪法案対策本部を設置するなどし、廃案を求め活動を行っている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。