また在日韓国人 催涙スプレー使い50万円を強盗、暴力団組長ら3人逮捕

韓国人

警視庁は、指定暴力団稲川会系組長で在日韓国人の金永七(キム・ヨンチル)容疑者(71)と、その息子の宜繁(ウィボン)容疑者(36)ら3人を逮捕した。東京・調布市の自動車販売店に押し入って現金約50万円を奪ったとする、強盗傷害の容疑。

容疑者らは、昨年11月、自動車販売店の男性に催涙スプレーをかけた上、腹などを刃物で刺し、現金約50万円を強奪した。警視庁の調べでは、事件当時、金容疑者ら3人は現場にはおらず、事前に携帯電話で実行犯に指示していたという。警視庁が実行犯の男らの携帯電話を解析したところ、3人の関与が浮上し、逮捕に至った。調べに対して容疑者らは、「一切関係がない」などと容疑を否認しているという。

在日韓国・朝鮮人団体は、暴力団との関わりは一切ないなどと公言しているが、虚偽であり、さまざまな暴力団の中核に在日韓国・朝鮮人がいる。日本の治安を著しく悪化させている原因となっている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。