また中国人ら逮捕 共謀し不法滞在の中国人を働かせる

中国人

愛知県警は、9日、同県あま市、人材派遣業を営む中国人の男(37)を逮捕した。不法残留の中国人を名古屋市内の会社に派遣した、入管難民法違反(不法就労助長)の疑い。氏名などはよくわかっていない。

中国人の容疑者は、今年7~9月にかけ、不法残留の中国人の男を解体工事やゴミ収集を行う名古屋市西区の会社に派遣して働かせていた。愛知県警は、今月4日、容疑者の紹介で働いていた20~30代の中国人の男3人を同法違反(不法残留)の疑いで逮捕した。3人は技能実習で来日したが、実習先から逃亡しており、在留期間が過ぎても日本国内に潜伏していた。西署によると、容疑者は会員制交流サイト(SNS)で人材を募っていたという。容疑者らの認否は明らかになっていない。

日本国内で犯罪組織を拡大し勢力を伸ばす在日中国人。日本人をターゲットに犯罪を重ねるなどし、不法滞在を続けている。日本の治安を著しく悪化させている原因となっている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。