高校無償化訴訟、大阪朝鮮学園側が逆転敗訴 在日朝鮮人発狂

韓国人

大阪朝鮮高級学校(東大阪市)を高校授業料無償化の対象から外したのは違法として、運営する学校法人・大阪朝鮮学園(大阪市)が国に処分の取り消しなどを求めた訴訟。その控訴審判決が、27日、大阪高裁で行われた。結果、国の処分を違法として無償化するよう命じた1審・大阪地裁判決を取り消し、学校側の逆転敗訴を言い渡した。学校側は上告する方針だという。

これについて、在日韓国・朝鮮人団体は猛抗議。「いじめだ」「子どもたちを司法が見捨てた」などと事実無根のデマを流布して発狂気味だ。もともと外国人の独立組織である朝鮮人学校を日本が資金援助しなければならない法はなく、ましてや教育内容には一切、口出しはしていない。それまで日本が朝鮮人学校に資金援助していた過去が異常だったのであって、それをやめたところで全く違法性はない。在日韓国・朝鮮人らの主張は、ただの言い掛かりとタカリ行為だ。

また、朝鮮人学校は北朝鮮政府から資金援助を受けていることが発覚している。北朝鮮といえば核ミサイルを日本に向け発射するテロを行ったり、露骨な反日政策を行ったり、拉致問題を起こしたりするなど、いまや日本のみならず世界の敵。そのテロ国家の末端である朝鮮人学校が日本に存在していられることに在日韓国・朝鮮人は感謝すべきであり、日本を批判などもってのほか。日本がテロ国家に対しても寛大な国だから自分らが存在していられることを身をもって知るべきだ。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。