また中国人の技能実習生の犯罪 未承認薬販売、医薬品医療機器法違反容疑

中国人

愛知県警国際捜査課などは、5日、いずれも中国人の技能実習生、岐阜県羽島市の邱士松容疑者(28)ら男3人を逮捕した。日本国内で承認されていない避妊薬の広告を出したとする、医薬品医療機器法(未承認医薬品の広告禁止)違反の疑い。産経新聞が報じている。

中国人3人は共謀し、5月25日や7月29日、会員制交流サイト(SNS)内の投稿ページに、日本では承認されていない避妊薬を販売する内容の文書を掲示し、広告を出した。同課によると、この避妊薬は中国では承認されており、販売可能という。大量出血などの副作用の恐れがあり、日本では販売が許されていない。中国国内の価格は1箱約300円だが、3人は中国語で書き込みをし、4000~6000円で販売していた。在日中国人向けの広告だったという。3人の認否は明らかにされていない。

日本国内で犯罪を行うために渡航してくる中国人が後を絶たない。技能実習生はそのカムフラージュに使われることが当然のようになっており、資金援助を受けながら堂々と犯罪組織を日本国内で作っている。日本の治安を著しく悪化させている原因となっている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。