バルセロナで日本料理が大人気

かき氷

スペイン・バルセロナ。バルセロナはスペインの北東部、カタルーニャ州の州都で、地中海沿岸の港町。そういった環境であるからか、サルスエラといった料理に代表されるよう、魚介類をふんだんに用いた伝統料理がある。また誰もが知るスペイン料理、パエリアも、米が使われた料理だ。もしかすると日本人とスペイン人の料理の嗜好は似ているのかもしれない。

近年の日本料理ブームにより、バルセロナでもラーメン屋や寿司バーといった店が次々とできあがっている。また2016年頃から日本式のかき氷専門店が大流行するなど、日本の存在はバルセロナにおいて非常に大きなものとなってきた。ついには日本の伝統菓子にも注目され、和菓子専門店がオープンするなど、今もブームは健在だ。

スペインで一番おいしいとされているクロワッサンは日本人パティシエの店舗であるし、世界一のチョコレートブランドとされる店舗も日本の中小工場と提携し飾りや箱を制作している。スペインにとって日本はもはや切っても切れない関係になっている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。