【2chの反応】革マル派と癒着しているUR総連・JR東(労組)から、枝野さんが約800万円の献金を受けていた

枝野
1: ■忍法帖【Lv=23,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2018/08/20(月)09:58:55 ID:???
枝野幸男・立憲民主党代表 来夏参院選「野党連携」へ求められる手腕、くすぶる“献金問題”説明責任は不可避
 「『自民党に代わりうる選択肢は立憲民主党』と明確に認識していただけるように、枝野は先頭に立って暑い夏を走りぬきます」
立憲民主党
 枝野幸男代表の後援会紙(国会通信)には、こう記されていた。
 正念場といえる来年夏の参院選を見据え、「1強」の自民党に対峙(たいじ)するには立憲民主党だけでは限界がある。

 2016年参院選で、連携の立役者となった枝野氏には、野党第一党の党首として野党をまとめていく度量と、現実的な政策軸を示すことが求められるが、自党の議席拡大に力点を置いているように感じる。
 国民民主党の玉木雄一郎共同代表が7月末、「(参院選で)一緒に戦う旗頭、旗印を明確にしたい」との考えを表明したが、枝野氏は「現時点では選挙に向けた政策のすり合わせは考えられない」と突き放した。

 野党の中では順調に見える立憲民主党だが、課題もある。
 「立憲民主党=リベラル」と強調するが、同党には「日の丸を国旗、君が代を国歌」とする国旗国歌法に反対した議員が、枝野氏を含めて何人もいる。政権交代を目指す観点から、「旧社会党左派や市民運動家など左に偏り過ぎている」という懸念は根強い。
 また、所属議員の出身政党は、旧民主党をはじめ、旧社民党、旧日本新党、自由党、旧国民新党、旧みんなの党、自民党など、左右の幅が広い。「党内の意見集約が困難ではないのか」という見方もある。
 さらに、枝野氏は過去に、JR総連とJR東労組から多額の献金やパーティー券購入を受けた問題を引きずっている。
 2014年10月30日の衆院予算委員会で、安倍晋三首相は次のように指摘した。
 「殺人や強盗や窃盗や盗聴を行った革マル派活動家が、影響力を行使し得る主導的な立場に浸透しているとみられるJR総連、JR東(労組)から」「枝野議員は、約800万円、献金を受けていた。これはゆゆしき問題ではないですか」

 枝野氏は、前出の委員会で「私は、社会的に認められている連合傘下の産別とお付き合いはしました」「その中の構成員にいろいろな方がいらっしゃったとしても、その方と個人的なお付き合いをしたわけではない」と語った。
 ただ、革マル派という過激派集団に関わる指摘だけに、献金を受けた経緯などを詳細に説明する責任がありそうだ。
(以下略)
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180818/soc1808180003-n1.html

2: 名無しさん@おーぷん 2018/08/20(月)10:11:35 ID:H98
テロ支援政党ですね

4: 名無しさん@おーぷん 2018/08/20(月)13:42:18 ID:PvT
同志だからな

5: 名無しさん@おーぷん 2018/08/20(月)14:04:17 ID:k8G
革マルとの距離が近い奴らとか嫌すぎるわ

6: 名無しさん@おーぷん 2018/08/20(月)15:24:07 ID:xD5
>枝野氏は、前出の委員会で「私は、社会的に認められている連合傘下の産別とお付き合いはしました」

連合自体が暴力恫喝輩を多数要する極左のクズですが?
逮捕者続出してる生コン連帯さんも傘下団体でしょうに(-_-;)

10: 名無しさん@おーぷん 2018/08/20(月)16:09:47 ID:QOs
こいつは菅直人が総理大臣の時に、しょっちゅう菅直人と豪遊(会食)していた。
幾ら官房長官だからって、普通は断るか諌めるだろうに。

15: 名無しさん@おーぷん 2018/08/21(火)15:12:51 ID:amk
はいはいえだのえだの

16: 名無しさん@おーぷん 2018/08/21(火)21:12:16 ID:V2Z
確か覚書を交わした相手は
助役だったか同僚の運転士?を他の組合幹部と一緒に恫喝して退職させたとかで有罪判決喰らってなかったっけ?

17: 名無しさん@おーぷん 2018/08/21(火)21:16:23 ID:3nu
テロ支援してるんだからさー
さっさと枝野なんてテロ等防止法で処刑しろっつーの



抽出スレ:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1534726735/


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。