厚生労働省が生活保護世帯にエアコン購入代最大5万円プレゼント 酷暑を理由に

札束

厚生労働省は、26日までに、生活保護世帯に対し、要件を満たせばエアコン購入費用(上限5万円)の支給を認めることを決めた。同費用の支給は初めて。既に今月1日から運用を始めているという。「熱中症予防」を名目にしている。

生活困窮者の支援を名目に組織している団体などは、26日、厚労省を訪れ「当事者らに知られておらず、命と健康が危険だ」として、連日の猛暑を理由に支給対象を拡大するよう求めた。厚労省はそれに応じ、翌日27日に各自治体に通知した。4月以降に生活保護の受給を始めた世帯のうち自宅にエアコンがなく、高齢者や障害者、子ども、体調の優れない人がいる場合が対象だという。

本当は働く能力があるのにもかかわらず、働かずに、精神的疾患を理由として生活保護を不正受給しているケースは多い。また、在日外国人が不正受給するケースも相次いでいる。しかし政治家たちは見て見ぬ振り、働かない者勝ちの世の中が構築されようとしている。生活困窮者の支援を名目に組織している団体などは、極左暴力集団や在日韓国・朝鮮人団体などとの関与があるとされ、日本の生産力を低下させ、かつ治安を乱す目的があると思われる。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。