無所属・小西ひろゆきさんTwitterで「ネットいじめの書き込みを法務局が管理人に削除依頼することを明記」→ツッコミだらけに

小西ひろゆき

極左暴力集団を牽引する無所属・小西ひろゆきさんは、22日、自身のTwitterで、いじめ防止対策推進法について触れた。これについて、軽く炎上状態だ。

小西さんは「ネットいじめの書き込みを法務局が管理人に削除依頼することを明記」「被害者や学校はどんどん法務局に相談して頂きたい」「法務局の対応がまずければ小西事務所までご連絡下さい」などとTwitter上で発言した。これについて、TwitterおよびSNSではツッコミが続出。「今度は法務局を反政府運動に利用する気か」「安易に削除したら加害者側にとって有利になるのでは?」「あなたが解決できるとは思いません」と的確なツッコミが多数。「小西に相談などしたら被害者にとって余計ひどいことになるのでは」「小西議員が安倍(晋三)総理の悪口をネットに書き込んでいます、どうすればいいでしょうか」と辛辣なツッコミまで行われた。これまでも小西さんは極左暴力集団の反政府運動を活発化させようと、政府に対する誹謗中傷を自身のTwitter上でさんざん書き連ねてきていた。国民の信頼が皆無なことはおろか、もはや極左暴力集団にまで見放されている状態だ。

野党といえば“口だけで行動しない”が当然のようになっているが、小西さんはもはやそういった議員の筆頭。一方で、国会や政府を破壊するためならば暴力や誹謗中傷もいとわない態度を貫いてきている。国民のための政治が視野にないことは国民にもうばれている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。