朝日新聞販売員の無職と暴力団員の男、拳銃所持で逮捕 大麻所持も

朝日新聞 ロゴ

警視庁は、6月5日、朝日新聞販売所の元アルバイト従業員の無職・船木俊輔容疑者(37)を逮捕した。また、指定暴力団住吉会系組員の赤池浩容疑者(41)を逮捕した。舟木容疑者は拳銃と銃弾を所持していた銃刀法違反(加重所持)の疑い、赤池容疑者は銃刀法違反(営利目的譲渡)の疑い。警視庁が7月11日に公表した。

組織犯罪対策5課によると、船木容疑者は6月5日未明、東京都大田区内の路上で自動式拳銃1丁と実弾11発を所持していた。さらに、同日、路上で乾燥大麻約8グラムを持っていたとして大麻取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕されていた。赤池容疑者は2012年12月ごろ、中野区内でこの拳銃と実弾を15万円で船木容疑者に売り渡した疑い。船木容疑者は容疑を認め、赤池容疑者は否認しているという。なお、舟木容疑者は朝日新聞販売所を逮捕後に解雇されたという。

朝日新聞社は、広報部が「取引先である販売所の元アルバイト従業員が逮捕されたことを重く受けとめます。再発防止に努めます。」などとコメント。社長のコメントなどは現在のところない。朝日新聞社は、社員や写真記者、販売員などが近年も、暴行・傷害事件や横領事件、薬物取引、痴漢などで逮捕されてきていた。最近では極左暴力集団や左翼の過激派集団への荷担のケースが発覚しており、反社会性が問題となっていた。日本の治安を著しく悪化させている原因となっており、マスコミの信頼失墜の原因ともなっている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。