台湾、西日本豪雨で日本に2000万円の寄付 台湾メディア連日日本の被害状況を報道

蔡英文

親日大国・台湾。蔡英文総統は、7日、西日本豪雨について、自身のTwitterで「西日本を中心に発生した豪雨に遭われた日本国民の皆様にお見舞い申し上げます」と日本語でツイート。台湾も豪雨被害は頻発しているとした上で、「台湾は日本が必要とするあらゆる支援を行う用意があります」とコメントを綴った。このツイートは現在、2万4000件を超えるシェア(=リツイート)となっている。



これに対して安倍晋三首相は、10日、ツイッターで「真心のこもったお見舞いの言葉に心より感謝します」とのコメントを中国語(繁体字)で投稿した。それらのやり取りはインターネットを通じ日台双方で話題となっており、台湾ではメディアも報道。加えて台湾は、同日、当局が2000万円の寄付を決めた。台湾外交部は、公式ホームページに、これまでも過去の災害発生時に日台が互いに助け合ってきた歴史を文章で掲載している。

台湾メディアは連日、日本の被害状況を報道しており、SNSなどでは日本をねぎらうコメントで溢れている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。