また中国コンテナからヒアリ 生物テロ続く

ヒアリ

日本を標的に中国のテロ行為が続いている。5日には名古屋港飛島ふ頭(愛知県飛島村)のコンテナの中から、強い毒を持つ外来種のアリ「ヒアリ」約20匹が見つかった。環境省が報告している。

同省によれば、コンテナはやはり中国から来たもので、先月14日に名古屋港へ着いたものだという。同港鍋田ふ頭(同県弥富市)に荷揚げされ、その後、飛島ふ頭に陸路で運ばれていた。今月3日、業者が積み荷を取り出した後、ヒアリを見つけ、同省中部地方環境事務所に連絡し、殺虫処分した。また、搬出した積み荷の周囲でも2匹が見つかり、駆除された。いずれも働きアリで、女王アリはいなかったという。

これまでもヒアリは日本のあちこちで見つかっており、いずれも中国が関与。中国政府の陰謀か、反日思想拡大を狙った何者なのか、毒性の強い昆虫類の発見が日本各地で相次いでいる。いずれも中国が関与しており、生物テロと判断してよい状況だ。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。