在日中国人、ニセの出生届で戸籍を偽装登録し児童手当を不正受給 逮捕、起訴へ

蓮舫

福島県・郡山署は、28日午前、同市の会社員・容疑者男(46)、同市の在日中国人・飲食店従業員の女(26)、26歳の在日中国人の姉で同市の在日中国人・無職の女(29)3人を逮捕した。虚偽の出生届で戸籍登録し児童手当を不正受給した、電磁的公正証書原本不実記録・同供用(子の偽装認知)、詐欺の疑い。3人は既に同罪で起訴されている。

3人は共謀し、昨年7月中旬、26歳容疑者女が出産した女児に日本国籍を取得させようと、郡山市役所に虚偽の出生届を提出して戸籍を登録したほか、市の児童手当計9万円を騙し盗った。同署によると、26歳容疑者女は結婚を偽装するために46歳容疑者男に数十万円を渡していたという。同署は29歳容疑者女が出生届提出のあっせん役とみているという。市市民課によると、書類に不備はなく、通常通りの処理をしたという。女の両容疑者は3度目の逮捕であり、認否は明らかにされていない。

在日中国人の犯罪が後を絶たない。日本で犯罪組織を大きくし、本土の中国人も集めながら、犯罪組織を大きくしている。犯罪の対象は日本人だ。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。