ベトナム人留学生、窃盗未遂で逮捕 余罪多数か

難民

外国人留学生の犯罪が後を絶たない。熊本中央署などは、23日、同市に住むベトナム国籍の留学生の男(21)を逮捕した。18日未明に熊本市で強盗被害に遭った30代女性のキャッシュカードで現金を引き出そうとした、窃盗未遂の疑い。

被害に遭った女性は、18日午前2時55分ごろ、同市中央区新屋敷の路上で、男に顔を殴られてバッグを奪われ、鼻の骨を折るなどした。現場付近の防犯カメラに容疑者が写っていたため容疑者が浮上した。署は同日、容疑者宅を家宅捜索し、女性のカードや財布など約10点を押収した。強盗事件にも関与した可能性が高いとみており、余罪は相当数にのぼるとみられる。

外国人留学生の犯罪が止まらない。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。