サッカーWカップ、日本がコロンビアに歴史的勝利 海外メディアが注目するのはそれだけでなく、日本人サポーターのあの恒例行事も

コロンビア戦

サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組の日本は、19日、当地のモルドビア・アリーナで行われた初戦でコロンビアと対戦した。後半に大迫(ブレーメン)が決勝点を挙げて2対1で歴史的な勝利をおさめた。決勝トーナメント進出に向け、好発進だ。

この出来事は海外メディアも大きく取り上げたが、海外メディアが注目したのはそれだけではない。日本人サポーターのある恒例の行動についても注目が集まっている。それはスタジアムの「ゴミ拾い」だ。現地観戦した日本人がスタジアムのゴミ拾いを行うのはもはや恒例行事。今大会でもその姿が海外メディアに注目され報道されている上、さらにはこれまでのそういった報道を見て日本人の行動を把握している外国人たちがSNSなどに称賛の声を綴っている。ついにはコロンビアのサポーターにまで伝染、共にゴミ拾いしている様子がTwitterなどに投稿され、世界中の注目を浴びている。

サッカーにおいて日本人サポーターはこれまでもずっとゴミ拾いを行ってきていたが、それが大きく注目されるようになったのは2014年あたりから。インターネットの普及にともない日本人の行動が世界的に拡散され、「クールな行動である」として真似をする国まで出てきた。同年、ブラジルで行われたW杯ではゴミ拾いを行った栄誉をたたえ、日本サポーター代表として駐リオデジャネイロ日本総領事館などが特別に表彰される事態に発展した。日本人の行動は世界が注目している。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。