共謀し無許可で処方薬保管容疑 在日中国人9人逮捕

中国人

大阪府警生活環境課などは、12日までに、在日中国人の男女ら9人を逮捕した。無許可で医師の処方箋が必要な医薬品を販売目的で保管していた、医薬品医療機器法違反(販売目的貯蔵)の疑い。

在日中国人の容疑者らは、日本の医薬品は中国で人気が高いことから、訪日した中国人観光客に販売したり海外に郵送したりしていたという。逮捕されたのは、貿易会社「プロフェット」(大阪市西成区)社長、堺市堺区中安井町2、張金利容疑者(35)ら9人。無料対話アプリを使い、日本の医薬品が手に入ることを中国人に宣伝し、共謀し不正に利益を得ていたといい、張容疑者は「2017年12月ごろから売っていた」と容疑を認めているという。

日本の治安を著しく悪化させている在日中国人。犯罪が絶えない。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。