小西ひろゆきさん、Twitterで「公僕崩壊」 差別発言

小西ひろゆき

反政府運動を牽引する極左議員・小西ひろゆきさん。その小西さんが、11日深夜、自身のTwitterで自民党・岸田文雄政調会長が安倍政権の現状について「官僚が萎縮してしまっているのではないかという指摘がある」と述べたことを取り上げツイート。ツイートでは「萎縮じゃない。公僕崩壊だ」などと述べている。


一般的に公僕とは公務員の蔑称。官僚の記事を取り上げているが、キャリア国家公務員だけでなく地方公務員まで全てを一度に敵に回してしまうあたりがやはり小西さんならではのクオリティ。さっそくインターネットを情報が駆け抜け、炎上気味だ。

ちなみに小西さんは、元民主党が分裂したのち民進党に残留。立憲民主党は政治信条が違うことを理由に一定の距離をとり入党しない意志を誇示しながらも、民進党と立憲民主党との共闘の構えをみせるなど意味不明な動きが目立った。しかしその後さらに分裂を続け国民民主党ができあがると、ことし5月に無所属で「立憲民主党・民友会」に入会を発表。いまや小西さんの所属などには誰も興味はないだろうが、この“手の平返し劇”の事実は本人にとってはよほど都合が悪かったのか、自身の公式ウェブサイトのプロフィールからも省かれ、現在は「千葉県参議院議員・小西ひろゆき」を名乗っている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。