空き地に廃材不法投棄、在日韓国人逮捕

韓国人

兵庫県警生活環境課は、7日、兵庫県姫路市大寿台の会社役員、在日韓国人のリー・ビヨンチヨル容疑者(70)と、同県加西市野上町の建設業、高見和治容疑者(58)ら男4人を逮捕した。住宅の廃材を地中に投棄した、廃棄物処理法違反の疑い。

4人は共謀し、3月中旬、リー容疑者の親族が所有する姫路市内の空き地に木くずや畳、コンクリート片など約10.5トンを埋めて捨てたという。リー容疑者は昨年10月から複数の知人の依頼を受け、この空き地に計約250トンの廃材などを投棄していた疑いがあり、県警が調べている。作業員らはダンプカーなどで空き地に不法投棄を繰り返し、リー容疑者は報酬を受け取っていた。調べに対し4人は容疑を認めているという。

日本の治安を著しく悪化させている在日韓国人。犯罪するために日本にいると思われても仕方ない状況だ。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。