また在日中国人 組織的に盗品流通、逮捕

中国人

神奈川・滋賀県警は、4日、東京都豊島区の在日中国人の屠洪鋼容疑者(33)を逮捕した。不正に入手したテレビと知りながら買い取ったとする、盗品等有償譲り受けと組織犯罪処罰法違反(犯罪収益の収受)の疑い。

屠容疑者は古物商を経営しており、2016年12月、他人名義のクレジットカードで家電などを大量に購入していたとされる中国人窃盗団のメンバーから液晶テレビ1台を買い取ったとされる。そのほかにも盗品と知りつつ買い取った物品が大量にあるとされ、合計1億5000万円分以上の盗品がやり取りされていたという。警察は実態解明を進めるとしている。屠容疑者は「覚えていない」などと容疑を否認しているという。

在日中国人は本土の中国人を呼び集めながら犯罪組織を拡大、日本で窃盗を繰り返している。中には留学生や技能研修生もかかわっている例もあるといい、犯罪がビジネスと化している。日本の治安を著しく脅かす存在だ。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。