偽造パスポートの英検替え玉中国人、懲役2年、執行猶予3年

中国人

有印私文書偽造・同行使罪に問われた中国人の無職、許毅被告(30)の判決が、23日に京都地裁であり、懲役2年、執行猶予3年(求刑・懲役2年)となった。許被告は、偽造パスポートを用意するなど組織的に別人になりすまして民間の英語検定試験を替え玉受験した。

判決などによると、許被告は昨年12月から今年1月、同志社大(京都市上京区)など3ヶ所で行われた試験に、それぞれ別の中国人になりすまして受験した。別人の名前や受験番号を記入した答案用紙を偽造し、提出していた。検察は、偽造パスポートを用意するなど組織的で常習性がうかがえるとした。

日本の治安を著しく悪化させている中国人。近年では偽造パスポートなどを組織的に用意し、日本に密入国、日本国内で在日中国人グループが先導し犯罪組織の網を広げている。今回の事件発覚もその氷山の一角に過ぎず、今後も様々な犯罪を行っていくことが予想される。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。