また在日中国人 偽造在留カード1500枚売りさばき逮捕

%e6%b0%91%e9%80%b2%e5%85%9a%e3%83%bb%e8%93%ae%e8%88%ab%e4%bb%a3%e8%a1%a8

茨城・岡山県警は、茨城県鉾田市、農業手伝いの在日中国人の男(31)を逮捕した。偽造された大量の在留カードをベトナム人ブローカーら約30人を通じて売りさばいたとする、入管難民法違反(偽造在留カードの提供など)の疑い。容疑者の氏名などは明かされていない。

警察の調べによると、少なくとも約1500枚の偽造カードが外国人の手に渡ったという。偽造カードは11都道府県にまたがり不法販売されており、両県警は販売網や製造元などの解明を急いでいるという。在日中国人の男は不法残留、偽造在留カードの所持で逮捕・起訴されており公判中。余罪も相当数あるとみられる。

日本の治安を著しく悪化させている在日中国人。組織犯罪を行っており、中国本土からも仲間を呼び寄せ日本国内で組織を大きくしている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。