韓国の空港から覚醒剤密輸 イギリス人逮捕

韓国人

福岡空港署と同空港税関支署は、17日、英国国籍のデニス・アリック容疑者(52)を4月30日に逮捕していたことを発表した。約2.2キロの覚醒剤を密輸したとする、覚醒剤取締法違反(営利目的輸入)の疑い。

デニス容疑者は、韓国・仁川国際空港から福岡空港への航空手荷物のキャリーケースに覚醒剤約2.2キロ(1億3000万円相当)を隠して持ち込んだ疑い。県警によると、ケース内部を細工して外側との間に隙間を作り、ポリ袋入りの覚醒剤を隠す手法だったといい、手荷物のエックス線検査で判明したという。

なぜ韓国の空港はこれを見逃し出国させたのか。これまでも韓国はトランジット(乗り換え)客の薬物を発見できずに出国させたケースが多い。空港ではこういった場合、出国させた側に重大な責任と過失があることになるが、韓国側にはお咎めなしの場合がほとんど。杜撰すぎる管理が問題だ。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。