朝鮮大学校元副学部長・朴在勲容疑者(49)を詐欺容疑で逮捕 日本で対韓工作スパイ

反日韓国

警視庁公安部は、2日、偽名で契約したクレジットカードを使い通販サイトでパソコン周辺機器を騙し取ったとして、元朝鮮大学校経営学部副学部長の朴在勲容疑者(パク・チェフン)(49・東京都練馬区)を詐欺容疑で逮捕した。北朝鮮の対外情報機関「225局」の指示を受け、韓国での政治工作に関与していた可能性が浮上している。各メディアが報じている。

逮捕容疑は、2012年1~8月、偽名で契約したクレジットカードを使い、通販サイトでUSBメモリなど6点を約1万2000円で購入し騙し取った疑い。クレジットカードは架空の人物に成りすまして不正に入手したもので、24年間にわたりパソコン周辺機器などを購入していた。警察庁公安部は、偽名契約したクレジットカードを使って、韓国の工作員との連絡用のファイル共有サービスを契約した形跡を発見。朴容疑者が韓国政界の情報収集のほか、工作員の獲得やデモ運動、反韓国政府運動の取り組みを指示していた可能性が浮上した。同部は昨年6月、別の詐欺事件で朴容疑者の自宅などを家宅捜索しており、韓国の工作員に政界の情報収集や地下組織の結成などを指示する文書を押収したほか、225局に工作活動の成果を報告する文書が見付かっていた。225局とは北朝鮮の工作機関で、アジア各国の政治、軍、マスコミ、企業などに入り込み、情報収集や政治的な誘導を行うスパイ組織のこと。日本に対しては朝鮮総連を誘導し反日運動させてきた疑いもある。

近年、日本国内の左翼過激派の活動家らも、反政府運動が活発になっている。そうした反政府運動には、本来ならば国政に関わる政治活動をできない立場であるはずの外国人、特に在日韓国・朝鮮人が積極的に参加しているという報告がある。それらの活動家の中にも、対日を専門とした韓国・朝鮮系スパイが相当数いると考えられている。

(関連)

詐欺容疑で朝鮮大学校元副学部長逮捕 日本の対韓工作拠点「責任者」(サンケイ)
http://www.sankei.com/world/news/160202/wor1602020042-n1.html

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。