反政府思想しか頭にない野党

左翼過激派

新党「国民民主党」の玉木雄一郎共同代表は、12日、高松市での記者会見にのぞんだ。玉木さんは「安倍晋三政権に代わる政権をつくるのは立憲民主党との共通目標だ。立憲民主党を中心とした連立の形で、自民党に対抗する政権構想を打ち出すのが大事だ」とコメントした。

一方、日本共産党も今後の野党共闘については「国民民主党はできたばかりでどういう方針かわからない」としながらも、「共闘するなら安保(法制反対)や改憲阻止で一致することが条件」としている。立憲民主党の枝野幸男代表も、12日の地元有権者向けの集会で「間違いなく昨年の衆院選よりも仲間を増やせる」と演説。野党そろって何も政策を考えておらず、とにかく反政府思想を全面的に押し出すことしか頭にないようだ。

野党は「民主主義」を全面に押し出している割には国民のための政治について何も触れず、ここまで安倍晋三政権打倒・倒閣しか語ってきていない。国会での答弁でも、スキャンダルを盛り立てようとするだけで何も生産性のない議論ばかり。そのスキャンダルも、裏付けがきちんとできていないような状態の中で責任追及を行ってきており、単なる粗探しと足下をすくうだけのもの。「政治」ができない議員だらけの野党だ。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。