日本の宝 国内最高齢者117歳、逝去

田島ナビさん

厚生労働省は、22日、国内最高齢者であった117歳の女性が逝去したことを公表した。鹿児島県大島郡に住む女性だ。21日に逝去。

逝去の女性は田島ナビさん。生年月日に確証のある人物においては世界最後の19世紀生まれの人物だ。世界歴代3位の長寿であり、アジアでは歴代最高。また逝去するまで存命人物のうち世界最高齢だった。2017年9月の時点では、子どもや孫、ひ孫を合わせて約160人の子孫がいた。今年1月に体調を崩し、喜界町内の病院に入院、治療を続けていたが、21日午後7時58分、老衰のため同病院で逝去した。

23日には告別式が行われた。

日本が長寿大国であることを世界に知らしめた功績は大きい。現在のところ、神奈川県に住む116歳の女性が最高齢者ということになる。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。