内閣府、各学校の修学旅行に北方領土隣接地をPR

北方領土

内閣府は、20日、「教育関係者の皆様へ~修学旅行に北方領土隣接地域はいかがでしょうか?~」とのタイトルで、北方領土問題について触れた。北方対策本部では、若者に北方領土問題をより深く知ってもらうため、北方領土隣接地域(根室市、別海町、中標津町、標津町及び羅臼町)への修学旅行等の補助を拡充するとともに、修学旅行を担当する教職員等を対象にした「下見ツアー」(仮称)の実施を予定している。

教育関係者の皆様へ~修学旅行に北方領土隣接地域はいかがでしょうか?~(内閣府)

内閣府は北方領土について「不法な占拠が続いている」と断言、各学校の修学旅行に北方領土隣接地をPRしている。若者を対象に、北方領土問題についてより詳しく知ってもらう狙いだ。訪問先として、根室市資料館、別海町・野付半島ネイチャーセンター、標津町ポー川史跡自然公園などをピックアップしており、質問や意見の応募も行っている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。