毎日新聞元経済部長の空き巣、余罪最低でも40件

毎日新聞

毎日新聞大阪本社の元経済部長・藤原規洋被告(63)が在職中に空き巣など行っていた事件で、余罪が最低でも40件にのぼることが明らかになった。警察の調べによるもの。

藤原被告は昨年、兵庫県の男性のキャッシュカードを使って現金を不正に引き出したなどとして窃盗の罪で起訴されていた。余罪が相当数あるとみて警察は調べを進めたところ、在職中の2011年から6年間にわたり、窓ガラスを熱して割る「焼き破り」と呼ばれる手口で空き巣を繰り返していたほか、消費者金融のATMから現金を盗み出そうとしていた疑いがあることがわかったという。警察は、41件の空き巣などで現金など180万円分を盗んだとして、22日に追送検した。藤原容疑者は「盗んだ金は借金の返済に使った」などと供述しているという。ほかにも余罪はまだあるものと思われる。

マスコミ関係者の犯罪が後を絶たない。日本の治安を著しく悪化させている原因となっている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。