フィリピン:天皇皇后両陛下のご滞在で現地が歓喜!お祭り状態に

フィリピンご到着時の天皇皇后両陛下

天皇・皇后両陛下は26日から30日までの5日間、フィリピンにご滞在。今回のフィリピンご訪問では、友好親善と、両陛下の強い意向を踏まえて、日本とフィリピン双方の慰霊碑で第二次世界大戦で犠牲となった戦没者を慰霊されることが目的。両陛下は、26日午前、東京・羽田空港を政府専用機で出発し、同日夕ごろ、訪問先のフィリピンに到着された。27日夜には大統領府のある首都マニラのマラカニアン宮殿で、アキノ大統領主催の歓迎の晩さん会に臨まれた。きょうは太平洋戦争の戦没者のため日本政府がマニラ郊外のカリラヤに建てた慰霊碑を初めて訪ね、追悼を行われた。これらをうけ、フィリピンの現地が“祭”状態だ。

フィリピンメディアは、両陛下のご滞在について一挙手一投足を報道。天皇陛下のご訪問は、当時皇太子だった1962年以来54年ぶりで、天皇皇后両陛下としてのフィリピン訪問は戦後初。今年は日本とフィリピンの国交正常化60周年にあたる年だ。天皇皇后両陛下が首都マニラの国際空港にご到着した際は、そのお姿を一目見ようと大勢のフィリピン人が集まった。中にはわざわざ遠方から空港に足を運んだフィリピン人もいたといい、特大の歓迎となった。インターネットでは、フェイスブックやTwitterなどで日比友好を願う書き込みや両陛下のフィリピンご滞在への感謝などが連日書き込まれ盛り上がっている状態。また、アキノ大統領が両陛下を「あまねく平和を実現する敬愛の象徴」と表現し、両陛下を温かく迎えたことについても、共感と賛辞のコメントで溢れている。フィリピン全体が喜びに包まれている。

両陛下のフィリピンご滞在は、宮内庁や政府によると、昨年6月にアキノ大統領訪日時などの機に、国交正常化60周年をふまえ、フィリピン側からご招待の申し出があったという。これに両陛下が強い意志でお応えする形で今回のご滞在が実現した。フィリピンにとっては実に希望が叶ったとあり、両陛下がご滞在を表明した昨年10月頃から歓迎ムードとなっていた。現在のフィリピンは中国の驚異にさらされており、フィリピンにとって日本は欠かせない存在。そのような国際情勢も手伝い、フィリピンでは当初から、日本とフィリピンの友好を願う声、協力関係を強化したい声などが溢れていた。アキノ大統領は歓迎の挨拶内で日本を「貴国は堅実で有能かつ信頼できるパートナー」とした上で、「我が国民の発展を後押ししてくださっている」「両国民の連帯が、将来世代にわたって両国に繁栄をもたらすことを願い、そして両国の戦略的パートナーシップがアジア全域の平和、安定、発展に向けた確固たる礎となることを願う」と語り、両陛下をおおいにもてなした。

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。