韓国人の対馬乗っ取りさらに本格化

韓国人 反日

長崎県・対馬市に、民団(=在日本大韓民国民団)が、支部を新たに設置することがわかった。

対馬市は全体的に山がちで、九州地方で最も人口密度の少ない市。近年、韓国が竹島とともに不法に領有権を主張、2005年に韓国の馬山市議会は対馬の日条例を可決している。いわゆる乗っ取り政策には在日韓国人も関わっており、民団をはじめとする団体が組織的に韓国化をはかっている。民団は今回、対馬での支援体制を強化する必要があるとしながら、さらに乗っ取り強化をはかる狙いだ。

日本の領土を侵害し、支配を企てる韓国。在日韓国人らは「差別である」などと主張、日本人の意見を弾圧しながら、今日も反日政策を加速させている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。