韓国海苔の輸入販売業者、脱税で裁判沙汰に

札束

東京国税局は、韓国海苔の輸入販売などを手がける「食文化」(埼玉県八潮市)とその李東憲社長(46)を東京地検に告発した。架空の仕入れ代を計上して消費税約3300万円を脱税した消費税法違反の疑い。

同社は2016年7月期までの3年間に、李社長の知人が関係する休眠会社から韓国海苔を仕入れたように装うなどし、仕入れの際に支払ったとする消費税を実際より多く見せかけて、納税額を少なくしていた。

昨年には大阪でも金属加工業の在日韓国人が巨額の脱税の発覚。ほかにも在日韓国人の会社が脱税を行っている例は多数。国税局は、2016年より資産課税や海外資産への税務調査を強化し対策を行っている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。