共産党市議、しんぶん赤旗配達中に酒気帯び運転で自損事故、しかし逮捕には至らず

共産党

共産党に所属する兵庫県宝塚市の三富稔之(みとみ・としゆき)市議(46)は、14日早朝、政党機関紙「しんぶん赤旗」を車で配達中、電柱に衝突する事故を起こした。県警が確認したところ、市議の呼気からアルコールを検出したという。産経新聞が報じている。

兵庫県警宝塚署などによると、三富市議は14日午前4時ごろ、赤旗の配達中に車で同市内の交差点を右折しようとしたところ、ハンドル操作を誤って車を電柱に衝突させたという。怪我人はなかった。捜査関係者によると、市議が自ら通報し、駆けつけた署員が飲酒検知を実施。三富市議の呼気からアルコールを検出したが、道交法上の酒気帯びの基準値(呼気1リットルあたり0.15ミリグラム)未満だったため、摘発には至らなかったという。三富市議は産経新聞の取材に「(事故前夜の午後)9時ごろまで焼酎を1合ほど飲んだ。朝の体調はいつも通りだったが、今後はアルコールを節制する」と釈明しているという。

極左暴力集団の犯罪が後を絶たない。特にメディア媒体の関係者の犯罪が後を絶たず、日本の治安を著しく乱している。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。