また中国人 共謀して偽造ビール券密輸、逮捕

%e6%b0%91%e9%80%b2%e5%85%9a%e3%83%bb%e8%93%ae%e8%88%ab%e4%bb%a3%e8%a1%a8

横浜税関鹿島税関支署は、30日、中国人の自営業、チン・リンスゥ被告(54)を水戸地検に刑事告発した。茨城空港から偽造のビール券を密輸しようとしたとする関税法違反(密輸未遂)などの罪。偽造有価証券行使罪で起訴されている。産経新聞が報じている。

同支署によると、チン被告は昨年12月12日、共謀して、偽造ビール券1639枚(計約115万7000円相当)を中国から茨城空港に密輸しようとした疑い。偽造券は精巧に作られているが、裏面に書かれたビールの商品名が「アサヒ」ではなく「アサビ」に、「キリン」ではなく「キリソ」になっていたという。同空港の検査場で同日、税関職員がチン被告のスーツケースなどに入った偽造券を発見。翌13日に石岡署が偽造有価証券行使などの容疑でチン被告を逮捕した。同支署などが入手経路や組織的関与の有無について調べているという。認否は明らかにされていないという。

日本を犯罪のために訪れる中国人が急増。また韓国・朝鮮人も同様だ。日本国内で犯罪組織を作り拡大し、日本を拠点に数々の犯罪を行っている。日本の治安を著しく悪化させる原因となっている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。