速報:沖縄・宜野湾市長選 現職の佐喜真氏が当確

佐喜真氏

アメリカ軍普天間基地がある沖縄県宜野湾市の市長選挙は、24日に投開票が行われた。結果、自民党と公明党が推薦する現職の佐喜真淳(さきま・あつし)氏が、政府が進める名護市辺野古への移設計画に反対する新人を抑え2回目の当選を確実とした。各メディアが報じている。

現在も開票作業は続いているが、無所属で現職の佐喜真氏が、無所属で新人の志村恵一郎氏を大きく引き離している。志村氏は、政府が進める名護市辺野古への移設計画に反対していた。移設計画に対する住民の意志が今回の選挙で明確になったことになる。

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。